基本を大事にすること

私が、美容で気を付けていることは、基本を大事にすることです。
私の中の基本とは3つあります。

①食事を健康的な野菜中心にする
②定期的に運動する
③洗顔は、石鹸を泡立ててて丁寧に泡洗顔する

私は以前、標準より10キロ近く、太っていました。
いいかげんな食事やカロリーオーバー過ぎる、お菓子を好んでいたからです。

その頃は表面を取りつくろうことばかり気にしていました。
ニキビなどを気にメイクでは厚塗りし、化粧品もいいものを使わなければと、
高い化粧品や韓国の化粧品に、はまり色々試しました。

しかし、仕事のストレスで、食が細くなり、ある時期からやつれていきました。
やつれましたが、やせたことで体調が変わったせいか野菜などの方が
好きになりました。

また、やせたおかげで、本来の標準体重に戻り、
本来の自分について見つめ直す時期となりました。

当たり前のことを当たり前にして、メイクで美しく見せることへの、
こだわりもなくなりました。

今の時代、色々ストレスのある時代です。
だからこそ、美容というよりも、総合的に自分を活き活きさせるために
当たり前にできることから、行うことが大切だと思います。

脱毛サロンの体験談や印象

脱毛サロンといえば勧誘がとにかく厳しそうなイメージが合ったり、お手入れに関しては痛みが伴ってしまいそうな印象があって、実際に通う前に葉不安だらけでした。

しかし、いざ勇気を出してカウンセリングを受けてみた結果、特に強い勧誘をされることもなかったですし、エステティシャンさんも優しくて高圧的な態度や雑な接客などをされることも一切なかったので安心することが出来ました。
また、施術に関しても大部屋ではなく、個室へと案内してもらえるので他のお客さんの視線や目線なども一切気になることがなくて、とにかく居心地が良かったです。

手入れをするにあたってはガウンへとお着替えを行い、施術時には太ももにタオルケットをかぶせてもらえたりもしたので、決して全裸ではなく、お肌が顕になってしまうこともないので安心でした。

脱毛はいたいイメージがあり非常に心配でしたが、実際の手入れではほのかに肌に温感を感じた程度の優しい刺激しかなく、VIOラインの手入れすらほぼ痛みがなく驚いてしまいました。
出雲にあるミュゼプラチナムの店舗
ミュゼ 出雲

肌と頭皮の手入れはこすらずに泡でやさしく撫でてあげましょう

人は頭や頬を撫でてもらうと、ホッとした優しい気分になれます。
肌や頭皮も同じでゴシゴシこすって刺激を与えるとメラニン色素が真皮から顔を出し、また髪のもとになる毛母が傷つき、シミやソバカス、そして抜け毛の原因になります。

そこで私の場合は顔や身体を石鹸やボディーソープで洗う場合は、泡をしっかり立ててから洗うようにしています。
そして洗う時には指が肌に触れないくらいに泡で洗うことにこだわっています。
シャンプーも同じで、まずシャンプーをよく泡立ててから髪と頭皮につけて、撫でるように泡で洗います。

最初は落ち着かないかもしれませんが、泡だけでも結構皮膚や髪・頭皮の汚れは落ちるものです。
特にシャンプーをする場合には、間違っても爪を立てて洗ってはいけません。
そのようなことをするのは、抜け毛、薄毛、そしてハゲをつくり出しているようなものです。

私が泡洗浄を始めて約3年になりますが、おかげでシミやシワがずいぶんと解消されました。
また抜け毛も減り、薄毛で悩むこともなくなりました。
ちなみにスキンケアやヘアケア製品を使用する時にも、なるべく肌や頭皮をこすらないようにすると低刺激で効果的なお手入れをすることができます。

ムダ毛の自己処理で注意すること

ムダ毛を自宅で自己処理すると肌トラブルが起こりやすいと言われていますが、ちょっとした気配りでその肌トラブルを避けることができると思います。

例えばカミソリやシェーバーを使って入浴時に自己処理をする人で、これらの器具をお風呂場に置きっぱなしの人がいるかもしれません。
これでは器具に雑菌が溜まり放題で、万が一皮膚を傷つけた時にその雑菌が入って更に傷がひどくなってしまう可能性があります。

言うまでもなく男性が髭剃りに使っているもので自己処理するのは言語道断です。
これらの器具は常に清潔にし、刃を交換するタイプは定期的に交換しなければなりません。

ちなみに私達の身体に生えている毛は生えている向きがあり、その向きに逆らって自己処理をすると肌を傷つけやすいので毛の生えている向きに沿って処理しなければなりません。

また自己処理でもし肌を傷つけてしまったら面倒でも消毒をすること、そして自己処理後は肌が乾燥しているので保湿をしてあげることが後で肌トラブルにならないためには縦横だと思います。
【参考店舗】ミュゼ 博多
【URL】http://www.queenstown-tasmania.com/

美容のために頑張る

私が生活の中で特に気にかけていることといえば、ダイエット。
カロリー計算はいつものことだし、食事は野菜中心を心がけています。
でもお肉、お魚、果物も体には必要な物なので、それらもほどほどに摂ってます。
栄養が偏ると、お肌にも影響してきますからね。

あと、とにかく守っていることといえば、夜9時以降は食べ物を口にしないこと。
仕事で遅くなったり、9時を過ぎてもどうしても何か食べておきたい時は、こんにゃくや寒天、ドレッシング無しでサラダを少し食べるなどローカロリーは徹底しています。
太りやすい体質なので、体型維持にはかなり気をつかっています。

お肌の状態も気にかけています。
乾燥肌なので、乾燥しないように保湿を頑張ってみたり、洗顔料もいろいろ試してます。
なかなかこれ、というものが見つからないのですが。
仕事やプライベートでメイクしている時間も長いので、たまにはお肌をお休みさせようと思い、すっぴんで一日を過ごすことも。

すると、次の日はメイクのりがいいんです。
休息も大切ですよね。
あとメイク落としはしっかりと。

メイクをしたまま寝るなんてご法度。
どんなに疲れていても、メイクだけはきちんと落としてから休みます。
普段はクレンジングしてますが、どうしても面倒な時は拭き取りシートで。

なかなか10代や20代前半の頃のようにはいかなくなってきました。
だからこそ、美容のために頑張らなきゃ、と思います。

人気の脱毛サロンはミュゼ

ミュゼがかなりの人気をあつめています。
やはり、ミュゼでどうしても脱毛をしたい、というひとが多いです。
これはなぜかというと、やはり施術の回数がすくなくてすむ、ということがひとつの理由としてあげられるのではないでしょうか。
ミュゼでは独自のフラッシュ脱毛を採用しています。

この脱毛方法は、一気に広範囲を処理するのにとても適しています。
ですから、この脱毛方法によって、施術の回数をすくなくすることを可能にしているわけです。
さらにこの脱毛方法は、肌へのダメージがきわめてすくなくてすみます。
こういったところも、口コミでもかなり人気をあつめているわけです。

やはり、施術に通うことは相当の負担になります。
そこで、なるべく通う回数を減らしたい、ということはだれでも考えることだとおもいます。
さらに、肌へのダメージを気にするひとも多いです。
ここにもしっかりと配慮された脱毛方法を提供しているわけですから、やはりミュゼが人気のサロンというわけです。
参考店舗:ミュゼ 上尾
URL:http://xn--2ck9csa9590ap3obhd.net/

友人の腕毛が目に付きました。
以前は割と、ビキニラインや脇下等、通常はそれほど人に見せない(見えない?)場所を脱毛処理していました。
友人の事があって、寒いシーズンであっても長袖ばかりとは限らないし、服を替えるときや腕まくりなど、意外と腕って目立つなぁと気付き、美容脱毛を受けることにしました。

お世話になっているミュゼプラチナムで追加してもらいました。
お店の人もいい感じだし、店舗の衛生状態もいいです。
ひじ下を脱毛施術していてワクワクするのは、その成果が日々リアルに感じられるってことです。

家では冬でもTシャツ姿なので、むだ毛の減り具合が実感できて嬉しいです。
肘下のむだ毛の色を抜いていて除毛はしていなかったので、施術したキレイな両腕の肌ケアをするのが毎日でも苦になりません。
お手入れに手間が掛りますが、一年中思い切り両腕を晒せるようになったので快適です。

忠告としては、処理前にひじ下の毛を全部シェービングするので、照射後の七日間くらいは腕の無駄毛で肌触りが悪くなります。
恋人とラブラブの暑いさかりのデート時などは、接触があったら嫌な顔をされるかも知れないのでそこの所を忘れずに!そういう事もあるので夏の終わりくらいから脱毛の施術をスタートさせれば、夏場までに終わるはずです。

ムダ毛は、季節を問わず女の人の敵ですよね。
袖をまくった際に毛を伸ばしっぱなしにしてたのが発覚!とか気まずいしね。
夏季は肌を隠せない服も増すのでより一層両ワキや膝下のむだ毛のケアにも力を入れないといけません。

サロンなんかで脱毛処理を行えば楽ちんですが結局頭を悩ますのは効力と金額ですよね。
お金や時間の面などお母さんになるとなかなか難しいですよね。
わたしも赤ちゃんがいるので私本人になかなか貯金や時間をつかえません。

脱毛サロンに来店して脱毛の施術を受けるなんていつのことやら・・・。
たえず、女性用剃刀で無駄毛の対処するのが唯一出来ることです。
しかし、自身でのお手入れって結構厄介なのです。
安全剃刀がたちまち錆びついてしまったり、ソリ残しがあったり。

わたし的に特に骨が折れるのは冬場の無駄毛の処理。
冷えるんです。バスルームが。
体調を崩しそうで震えながらお手入れしています。

それと、地道にムダ毛処理している自分が哀れに思えてきます。
脱毛スプレーとかが簡単で魅力的ですが肌荒れしないか気になって未だに買っていません。
お肌にやさしくてもっと楽チンにムダ毛処理できる商品があるとありがたいですよね。

常に下腹に意識を集中!

キッチンで料理をしているときも、デスクワークに励んでいるときも。
とにかく、下腹に意識を集中して凹ますようにしています。
慣れると、無意識の意識で自然にしていられるようになります。
やり始めて直ぐは、万年筋肉痛のようになりますが、日が経つにつれ心地よくなってくるのです。

これをやっているだけで、下腹にはお肉がつきません。
念のために、腹巻を愛用しています。
冷えた部分に脂肪が留まりやすいと聞いたからです。
なので、一年中凹みと腹巻は欠かしません。

お腹周りがスッキリすると、おばさんの制服のようにもなっているチュニックのようなダボッとしたスタイルを選ぶ必要がなくなります。
この着るものだけで、「油断している生物」の括りに縛られてしまうのは、中高年にとってなんとも無念。
脂肪が消えてしまえば、シャツをパンツにインしても格好よくなります。
ベルトでウエストマークすると、きちんと感が増して、おしゃれも楽しくなります。

一度身に付けると、ず~っと無意識で続けられる下腹集中術。
早くモノにするのがお勧めです。

顔の脱毛の技術が知りたいがわからない事

顔の脱毛がとても気になっています。
いつも土日くらいしか外に出かける事はないのですが、気づくと頬の部分の産毛や髭などが生えている事もあります。
昔から肌に何をつけても痒くなるアレルギー肌なので、日焼け止めしか塗らないのも脱毛を忘れてしまう原因です。

しかし、最近になりやはりムダ毛が気になるので剃刀を利用したのですが、ボツボツが顔に出来てしまいしばらくは大変でした。
なので、電気シェーバーを購入しようと思ったのですが、電気店には盗難予防にと本体もなく、使い方もよくはわかりませんでした。
近くに説明してくれる人もいないので、せっかく購入しに行ったのですが、やむなく買わずに帰宅してしまいました。

今までメイクの仕方などは美容カウンターでも教えてもらえましたが、脱毛となると教えてくれる人はいません。
特にホームケア向けに脱毛の仕方を知りたいのですが、やはり本当に綺麗にしようと思ったら美容サロンなどで脱毛してもらうしかないのかもしれません。
そんな費用もないですし、脱毛にはまだまだ悩まされそうです。
ミュゼ 長野

両ワキの脱毛が無制限

「エステティック」で脱毛をするのが女性たちにポピュラー化しています。

わたくしもずっと過去からムダ毛というのが悩みで、何度とサロンを利用することを考えたことがあります。

もはやその頃は、これと言って目新しい脱毛の技術というのがなく、結局は現在に至っているという感じです。

インターネットから「脱毛」をキーワードに検索してみますと、多くの「エステサロン」がヒットします。

このうちからテレビのコマーシャルで話題になっているミュゼプラチナムでは、両ワキの脱毛が無制限で受けられる情報をリリースしています。

ワキと言ったら、夏のシーズンですと汗をかきやすく、ムダ毛が気になる部分ですよね。

人気の「ミュゼプラチナム」で無制限のコースについては、何回でいくらという設定がなく、自分が好きなときに施術の予約をすることがOKです。

ムダ毛でお悩みになっておられる方は、この機会に上記でご紹介することを参考に「エステ脱毛」をはじめてみてください。
ミュゼ モラージュ佐賀

体重計ではなく全身鏡

ダイエットと聞くと無意識の内に必ず体重を気にする方が多いかと思います。
ですが今は「体重計」ではなく「全身鏡」です。
体重計ばかり気にしていては本当のスラッと美しいbodyは手には入りません。

毎日必ずしてほしいこと、それはお風呂上がりに全身が映る鏡で、前からの自分、サイドから見た自分、そして後ろ姿を見てあげてください。
内ももにお肉がついてきたとか、お尻が垂れてきたとか…すべては鏡に写っているはず。

そして意識することで、脳が『ここの肉はいらない』と判断する。
それだけで気になる部分が引き締まって行くのです!
思い込みって非常に大事です。

そして何より大事なのは食事。
食べなければ皆痩せます。本当に痩せたければなにも食べなければいいのです。

ただ、それでは健康的にも美容的にも良くないですよね。
私がよく行う食事制限は、食べ過ぎた次の日は必ず控えること。
このなんでもないような事ですが、これがなかなか出来ないものです。

特に夜ご飯は、控えます。
控えると言っても食べないわけではなく、野菜スープや海藻類、お豆腐、味付けの薄いお肉などは食べますが、お米やパン、パスタ、ジャンキーなものは食べません。
体に良いものはおなかいっぱい食べても大丈夫なのです。

朝は酵素たっぷりの生野菜や果物など昼は制限せず、好きなものを。
夜は温野菜(スープ)や根菜、海藻やお豆腐納豆など、ストレスを感じず、ずっと続けられる食事制限、皆様も是非生活習慣に取り入れてみて下さいね。